スマートフォンに対応したWebサイトも自分で作れる

スマートフォン対応していれば見易いが

ホームページへのアクセスには、パソコンが主流でしたがスマートフォンの普及により約半分の割合でアクセスしています。

パソコン版のホームページもレスポンシブで作成していれば、パソコンでのアクセスすればパソコンバージョンで閲覧できスマートフォンであれば、自動的にスマートフォンバージョンに切り替わりますが、そうじゃないホームページも多いですよね。

スマートフォンWebサイトだけではまだまだ

サイトによっては、レスポンシブでの作成ではなく、パソコンバージョンとスマートフォンバージョンの2つを用意されている場合もありますが、タブレットやスマートフォンが主流となりつつある現代では、スマートフォンバージョンだけでも十分かもしれません。

ところがスマートフォンバージョンだけですと、さまざまな制約から問い合わせができなかったりなどもあるため、電話を活用したりした問い合わせにするなどメリットを活かした作成が良いでしょう。

ツールを使って自分でも作成できる

スマートフォン専用のWebサイトを作成している制作会社もありますが、パソコンで専用のツールを使って自分でもサイトの作成ができます。

スマートフォン対応したテンプレートのある無料サイトがあるので、それを利用すればWebサイトだけでなくネットショップサイトもできるので、自分で作ろうと思っている方は挑戦してみてください。

しっかりとしたWebサイト制作にはやはり制作会社

無料サイトは、テンプレートにそのまま組み込むだけと簡単ですが、レイアウトなどの制限もあるので個性的なサイトを希望する方やデザイン性にこだわる方は、やはり少々予算がかかっても制作会社に依頼するのが良いかもしれません。

これからのWebサイトはスマートフォン対応が必須

スマートフォンは外出先では大変便利ですが、通販などではパソコンからが多いのでまだまだ併用されるでしょう。

スマートフォンWebサイト制作を効果的に行うには、若者から支持を受けやすいコンテンツにこだわることがポイントです。