スマートフォンなどのモバイル端末に対応したサイトの作り方

利用数が著しいスマートフォンなどのモバイル端末

最近ではノートパソコンよりもタブレットやスマートフォンなどのモバイル端末の方が普及されていて、その勢いはどんどん増しているのが現状です。検索数においてパソコンよりもスマートフォンなどのモバイル端末から利用する方が多いというデータがあり、パソコンでGoogleなどで検索するとスマホ対応などの表記があり、スマートフォンから検索した場合はモバイル用に対策されたページが優先されるようになっています。

スマートフォン用にウェブサイトを作ろう

スマートフォンはパソコンに比べると画面が小さくマウスの矢印ではなく人の指で操作するので、スマートフォン用に考慮されたウェブサイトは閲覧しやすいです。スマートフォン用に対応する方法には、「レスポンシブ・ウェブデザイン」を採用するやり方と、「スマートフォンの専用サイト」を別に準備するやり方があります。「レスポンシブ・ウェブデザイン」を使うと画面が小さいスマートフォンと画面が大きいパソコンにも同時に対応することができるのが特徴です。これを使うと同じ1つのHTMLでさまざまな環境にも対応することができ、管理が比較的楽であるというメリットがあり、URLを案内するのも同じ1つのURLを伝えることで端末別に区別する必要はありません。「スマートフォン専用のウェブサイト」を別に作成する場合、作る手間や工数はかかりますが指で操作しやすかったりインターフェイスなどが提供しやすくなり、パソコン用サイトとモバイル用サイトとの関係を示す記述があれば問題なく検索することができるようになります。

スマホサイト制作を効果的に行うために、多少のコストがかかるものの、IT関連企業などのサポートを依頼することが肝心です。