あなたに合ったウェブ制作の方法を見つけよう!

専門的な知識が不要で作れるホームページ作成ソフト

webサイトを作りたいけど専門的な知識を覚えるのが面倒という方は、ホームページ作成ソフトを使ってみるのがいいかもしれません。マウス操作で好きなパーツを張り付けるだけで、様々な機能をwebページに加えられます。初心者の方でもワープロ感覚で簡単に作っていくことができるでしょう。

自分で一からweb制作をするには?

細部までこだわって自分の思い通りにwebサイトを作りたいという方は、まず、「HTML」「CSS」「JavaScript」を覚える必要があるでしょう。「HTML」とは、「HyperText Markup Language」の略で、webページの文書構造を定義するためのマークアップ言語です。見出しや段落、リストなどを定義していきます。つづいて、「CSS」は「Cascading Style Sheets」の頭文字をとったもので、webページのスタイルを指定する言語です。文字の装飾や余白の取り方、要素の並べ方など、さまざまなものを指定していきます。そして「JavaScript」は、webページに動きをつけるためのプログラミング言語です。「JavaScript」を使うことによって、マウスオーバーすると隠れていたメニューが表示されたり、画像が一定時間ごとに切り替わったりするようなものを作れます。

ブログを中心にしたwebサイトを作りたいなら

ブログ機能をwebサイトに取り入れたい方には、「CMS」を使うという選択肢があります。「CMS」とは、「Contents Management System」の略で、自分で一から作るよりも比較的簡単にブログ機能を取り入れることができます。またデザインのテンプレートも用意されていて、自分の好きなものを選べます。

コーディングとはプログラミングで用いられていたコードと呼ばれる言葉から由来しており、特にソースコードを記述することを指します。