収益化もできる動画配信をする時に守らなくてはならない事

動画配信は収益化もできる

動画配信サイトでは無料でアカウントを作成できて配信する動画に広告を設置して収益を上げる事もできます。無料で動画配信を始められる動画配信サイトも多いので参入しやすいビジネスと言えます。動画配信は誰でもできますが、規則を遵守する必要があります。著作権などの法で定められている事を守るのは当然ですが、動画配信サイトを利用する時は各動画配信サイトごとに規約が定められているので規約は遵守しなくてはいけません。

著作権の侵害は許されない

動画配信をする動画はオリジナルの動画でなくてはなりません。他人が作った動画を無断で配信したり、映像や音楽など他人に著作権があるものを無断で動画内で使用する事は違法な行為です。また写真を載せる時そこに自分以外の他人が写っている場合はネット上にアップロードする事に対して許可をもらわずに無断でアップロードする事は肖像権を侵害する事になるので注意しなくてはいけません。著作権や肖像権はたとえ収益化していない動画配信でも守らなくてはいけない事です。

誹謗中傷する内容は許されない

配信する動画を作る時に注意する事は著作権や肖像権だけではありません。いくらオリジナルの動画であっても特定の個人や団体を誹謗中傷する内容の動画は配信してはいけません。事実でない内容を動画の中で取り扱った事で個人や団体が損失を受けた場合は名誉棄損で訴えられたり、それによって起きた経済的損失の賠償を求められる事があります。このような問題がある動画を配信した場合は配信サイト側からアカウントの停止をされる事もあります。

ストリーミングとは、動画などの再生時、データを読み込みながら同時に再生する方式で待ち時間の必要がなくすぐ見られるようにするものです。